2009年05月31日

『XIMIX アワーズ』・・・・・・・ ファニー・ファニー単独インタビュー

今回は、現女子王者ファニー・ファニーのインタビューをお送りします。


ーHey。ファニー。またの防衛おめでとう。

ありがとう。
これが名刺になります。宜しくお願いしますね(にこ


ーレスラーになる前はOLだったっていうのは伊達じゃないね(笑
ーさっそく質問させて貰ってもいいかな?

ええ。


ー巷では澪選手の悪行に待ったをかけるヒロインだなんていわれてるね。

そうみたいですね。
でもヒロインってのは言いすぎですよね。


ー女性からの人気も高いからね。男性からはもちろん、声援を浴びているけど。

とても嬉しいです。
私がやってるキャラクターは女性からの支持っていうものは受けられないんじゃないかなって。
そんな不安もありましたし。
もちろん男性から応援される事も嬉しいですね。
声援って元気の源ですよ(にこ


ープライベートの無防備さと、仕事でのシャキッとした姿は現代の理想の女性像だ。なんていう人もいるね。

あはは(笑
XIMIXに入る前からプライベートに仕事は持ち込まないようにしてました。
そういう所が曖昧になると、いつかは体を壊してしまいますし。


ー仕事の話になるけど、女子王者というものの重さはどうかな?

重いですよ。いつも考えます。
私が王者で居ていいのかな?って。
それでも上層部がベルトを持たせてくれる事は素直に光栄ですしね。
やっぱり自分が魅せたい物が認められたような感覚もありますから。
ファンの皆さんや同僚達の期待を裏切らないように頑張ろうと思ってます。


ー特にXIMIXは最近まで男社会だったんだけど、中に居て何か不都合は感じるかい?

私は特に不都合は感じないですね。
元々レスリングしてたクラブでも男性が多かったですし。
XIMIXの男性陣も良くしてくれます。
TVで見るよりずっと紳士ですよ(にこ
それにXIMIXって良い意味で女性だからっていう部分が無いんです。
試合だって男性レスラーにさせるような事を提案してもらえますし。
もちろん女性ならではの展開だって提案されたりしますが
女だしそうしろみたいな事じゃなく
個人としてプロデュースする為に使える所は使うっていうスタンスですから。


ー執拗に澪選手からベルトを狙われてるけど、どう思ってる?

経験値が違うのでいい勉強になってますね。
プロのリングっていうのを教えてくれる存在というか。
そんな感じでしょうか?


ー誰と王座戦をやりたい、という欲求はある?

えっと皆に興味はあるんです。
それでもあげるなら
水沢さんとヴァネスですね。
水沢さんは伸び白がまだまだありますし。色んな人とやってみて欲しいんですよ。
その中で私のスタイルもぶつけてみたいっていうか。
シングルはまだだったハズなので。
ヴァネスはやっぱり純粋にやってみたい。
友達だからこそっていうか。


ーヴァネスと仲良くなったけど、きっかけは?

ガールズが始まる前の集まりでちょっと話して
この人とは仲良くなれるって。
そこからはどちらからともなく話しかけてって感じですね。


ープライベートな話になるけど、ヴァネスとはプライベートでも仲が良いのかい?

もちろん。一緒に回ったりもしてる。
時々お互いの意見が食い違う時もあるけど、それでも今までの知り合いで一番仲が良いと思います。


ー他の選手とは交流があるの?モーリーとかケイトとか仲は悪くなさそうだしね。

モーリーさんと話してるとクラブの皆を思い出しますね。
レスリングっていうキーワードを出したら長いですよ(笑
ケイトさんもスキンケアの仕方を教えてくれたり。
FAMさんだってリングを降りれば気さくな方ですし。
ダリアさんはジェフさんと回ってたりで
決して仲が悪い訳でも無いんですけど...
良く分からないんですよね。


ー男性ファンのもっとも気になることだと思うんだけど、彼氏とかはいるのかい?
あ、プライバシーの侵害とかで訴えないでくれよ(笑)嫌なら、いいからさ。

彼氏は居ないですね(笑
そろそろ見つけないといけないとは思うんですけど
やっぱりXIMIXに入れて仕事が楽しい時期ですし。


ー生活サイクルはしっかりしてる方?寝てばかりで心配になるってファンもいるんだ。

キャラクター上、横になって目を瞑る機会が多いので
寝つきはちょっと悪くなっちゃいましたね。
それでも皆に見せたい物があるし、頑張れます(にこ


ー最後なるけど、言いたいことはあるかい?

ええ。ファンの皆さんに。


ーじゃあ、ファンに一言。

応援してくれてありがとうございます。
これからも頑張るので、ファニー・ファニーをよろしくお願いします。


ー今日はありがとう。今度はヴァネスとよろしく。

ええ!ぜひ!


posted by KJ at 17:35| Comment(0) | TrackBack(0) | Latest | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月20日

Re-Show

Re-show #1

REO「Re-showへようこそ、XIMIXニューエイジのREOだ。

このネット番組では俺が視聴者のメールに答えたり、色んな特集したりしようと思ってる。

さて、今日は先日行われたPPVを軽く振りかえって見よう。」


○ドロープ、ヒット、ブレイドvsジョニー、トミー、椛

ノッテるジョニーとトミーを椛がどうコントロールするか。

落ち込み気味のドロープをフォローする気の無さそうな2人。

いろいろ見どころがあったこの試合だけど残念な結果に終わってしまった。
ドロープ.....あんたの奇行を見た全ての人が思っただろう。
「それはないでしょう...」ってな。


○ショーン、荒瀬vsピアリッジ、カイゼル

荒瀬は全てを計算した上でボクシングの展開に持っていったのか?

それにしてもジェフは何でカイゼルになったのだろうか....
俺の試合に乱入してまでもジェフ復活をアピールしたかったらしい。
それなら最初からジェフがLBA入りした方がおもしろかったのにな。

「我がKING〜〜〜〜!。私めジェフでございますぞっ!」ってな。


○シュリ、水沢vs美羽、ダリア

色んな意味でダリアは危険だ。
できれば俺とは関わることのないように.....

水沢は警護をつけた方がいいだろう。
機会があればイノウエの連絡先を教えてやりたいもんだ。


○ファニーvsモーリー

前から思っていたんだが。
なぜこの王者はいつも寝ていられるんだ?
王者としてのプレッシャーは感じないのか?

俺が王者の時はまともに睡眠なんて.......


○ゼノンvsKID

俺が素直にリスペクトする男と俺が素直に脅威を抱く男の対戦だ。
『試合内容』は本当に素晴らしい物だった。

ゼノンはまた1つステップアップした。
俺にとってランブル戦の一番の脅威はKidじゃない...ゼノンだ。


○デュオvsREO

......この試合に関しては先日俺が話した事が全てだ。
1つ言わせてもらうとな、Kidが全て持っていった。
だから全てを取り戻さなくちゃいけない。



(一息ついて)

REO「視聴者の皆は知ってると思うが俺は王者ではなくなった。

さっきも言ったが全てを取り戻さなくちゃいけない。
王座もプライドも、そしてデュオの引退試合をめちゃくちゃにした責任もとらないとね。

そのために俺は絶対にPanic Kidをリングの下に放り投げる!

ランブル戦において元王者って事でもし特権が1つ与えられるならな...

俺は希望する......1番目の入場をな!

全てを倒して全てを取り戻す、シンプルだろ?


優勝候補は誰だ!?

仮面に隠れた女々しいメス・ザ・リッパーか?
それともギドギドのMr恥さらし!、ドリップ・ドロープか?
やっぱり全ての元凶、”Panic”Kidか?


残念ながら全てハズレだ。

1番最初に入場し1番多くの参加者をリング下に放り投げ、1番の栄光を掴む!

その男こそがこの俺、R・E・O!。


そうこれは.............決定事項だ!」
posted by KJ at 23:23| Comment(0) | TrackBack(1) | Latest | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月19日

五月公演

レディースアンドジェントルメン!今夜もXIMIXの時間がやってきました、実況は私、JJ
 
ウッド「てきさ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜す!!」
 
解説はウッドでお送りします。

前回PPVは正に歴史の転換点とも言える大会でした。

ウッド「デュオが引退しちまった〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!!」

そうです。長年、業界を支えてきたデュオがとうとう引退を迎えたのです。
しかし時間は一瞬たりとも待ってはくれないのです。
余韻に浸る間もなく同時に新たな事件が起こりました。

ウッド「KIDだ!!奴の行為は許せん!!」

パニックキッドがデュオの引退試合、そして王座戦でもあったメイン戦に乱入してきたのです。
結果、REOは王座から陥落しました。そして戦前から語っていたとおりデュオは王座を返還しました。

ウッド「つまり今は王座は空位って事か!?」
そうなりますね。そして次回PPVでは新王者を決定するスーパーランブルマッチが行われます!
時代の荒波は留まりません!今夜のXIMIXも要注目です!

ウッド「チャンネルはそのままだ!!」


タイタントロンからゼノン・トゥモローが私服姿で登場。
会場はゼノンコールに包まれる。
リングに上がったゼノンにマイクが手渡される。
「・・・・パニックキッドは俺の憧れだった。
そして俺は前回PPVで彼を越えてみせた。
・・・最高の夜だった。未来への門を自力でこじ開けたって心の底から思ったよ。」

(PPVの試合がトロンに流れKIDがゼノンの腕を上げたところで停止)
「・・・憧れのレスラーに勝利し賞賛されるなんて最高の瞬間だよ。
レスラーになった奴は誰もが夢見る瞬間さ。俺は一つの夢を叶えたんだ。
そしてもう一つ残った夢を掴むチャンスも得た。俺自身の力でだ。」

(KIDがREOを襲ったシーンが流れる)
「・・・この瞬間、俺の夢は遠ざかった。
俺の挑戦権はどうなったのか分からない。あやふやになっちまった。
だが今はそんな事はどうでもいい!!
俺はアイツが許せない!アイツは色んなモノを裏切ったんだ!!
だがアイツは・・・パニックキッドは元からこういう奴だったと自分で抜かしやがる!
アイツはファンを咎め団体を汚し業界を曲げている!!そして何より・・・パニックキッドを腐らせた!!
そうだ!それが一番許せねぇ!もうこれ以上は見てられねぇんだよ!!
ランブル戦はむしろ好都合だ。
俺はそこでパニックキッドを倒しREOを倒し参加者全員を倒し王者になる。
俺は皆を裏切らない。パニックキッドを過去の存在にして俺の時代を始める!
そうだ!俺は業界の未来!!次期XIMIXヘビーウェイトチャンピオン!!
I! am !
「「「「ゼノン・トゥモロー!!!!!」」」」


1st mutch
セクシー・トミー、ジョニー・バッドラック VS アーニー・トレナー、オットー・トレナー
陽気に踊りながら入場するトミー組。対するはリング初登場のトレナー兄弟。
新人が相手と知りふざけた態度をとるジョニーにトレナーズのダブルドロップキック。
さらに兄弟の合体技を受け試合開始前からグロッキーのジョニー。
トミーがでてきてようやく本来の試合開始。
ジョニーをエプロンで横になっている。
キャリアの差を兄弟のコンビネーションで埋めていくトレナーズと
スピーディな攻防を得意とするトミーが上手く噛み合い好試合になる。
トミーのジャーマンがオットーに炸裂しカウント3が入りそうになるもアーニーがカット。
ならばとトミーがコーナーに登ろうとするとなんとジョニーが勝手にタッチしてしまう。
ようやく飛び出たジョニーをアーニーが抱え上げるとオットーが飛びついて3Dが炸裂。
そのままオットーがフォールにはいりなんと3カウント。新人相手にジョニーは破れてしまう。

リングで歓喜しているトレナー兄弟。
そこへいきなりドロープが乱入し2人をKOしてしまう。
場内は大ブーイングの嵐。
カメラに向かって叫び続けるドロープ。


KIDが廊下を歩いていると他の人間はそれを避け出す。
KIDは更に歩幅を大きくし、歩くと一人だけ避けずに目の前に立つ女・・・ヴァネスがいる。

ヴァネス「ちょっとあんた」
KID「・・・邪魔だぜ」
ヴァネス「なーんか行っちゃってたわね、言っちゃったわね、イっちゃってたわね?!
あんた最悪よ最悪、ほんっと信じらんない。なんで?!」
KID「おいヴァネス、いくらだ?」
ヴァネス「は?」
KID「いくら払えば黙って消えるんだ」
ヴァネス「・・・コイツぁ完全にイってるわねー困ったわー。
どーしたものかしら、こーゆー時ってー、確かー・・・」
ヴァネスがKIDにビンタをかます!
ヴァネス「舐めんじゃないわよあんた・・・」
KID「・・・」
ヴァネス「思い出してみなさいよ!あんたがジムで目指してた夢を!
私もこういうこっ恥ずかしい事言いたくないけどさ!
今のニュージェネレーションが恥ずかしくなるくらい、デッカい夢、持ってたじゃない!!
だからあれだけがんばったんじゃないの!?」
KID「・・・忘れた」
ヴァネス「・・・・・・あんった・・・ほんっとに・・・・」
KID「綺麗に忘れた、今のビンタで記憶が飛んじまったみたいだぜ、残念だったな。
もういいだろう、退いてくれ」
ヴァネス「・・・・・・」
下を向いて・・・少し時間をかけた後、道を譲り立ち去るKIDの背中を見つめるヴァネス。


2nd mutch
ダリア VS 水沢弓美
開始前から怪訝な顔つきの水沢。対照的に明らかに目的が違いそうなダリア。
あとなんか関係ないのに大熱狂してるウッド。
躊躇なく踏み込んでくるダリアと怯えて逃げ回る水沢。
あとやっぱり関係ないのに大声援送ってるウッド。
目を血走らせながら組みつくダリア。なんとか払いのけてエルボーをぶつける水沢。
あと全然関係ないのにダリアを応援するウッド。
後ろから組みついて首筋を甘噛みしはじめるダリア。悲鳴をあげて振り払おうとする水沢。
あとウッド。
とにかく絡みついて離そうとしないダリア。とにかくジタバタもがく水沢。
ウ(ry
場外で水沢を追い回すダリア。ダリアから必死で逃げる水沢。
ついに飛び出して2人の間に割り込むウッド。
運悪く2人同時のボディアタックを受け伸びるウッドは幸せそう。

コーナー付近でダリアが水沢をフットチョーク。
沈んだ水沢に更にスティンクフェイス。会場はもー野太い声援。
ダリアがコーナー対角線からスペースローリングエルボーを放つも水沢が蘇生しバックをとる。
そのままバックドロップ一閃。ダリアからカウント3を奪うと一目散にリング上から逃げ出してしまった。

3rd mutch
椛・零式 VS ヒット
引退を告知している椛に声援が集まるも当の本人はモチベーションが低い模様。
対してベテランを相手に金星を挙げようと意気揚揚な構え。
巧みなグラウンドとロープワークでヒットを翻弄する椛。
徐々に打撃も織り交ぜていきヒットに手を出させない。
場外に落ちたヒットをリング上から見下す椛。
激昂するヒットをこれまたカウンターのハリケーンラナで丸め込む。
カウント2で肩を上げたヒットに追撃のDDTをきめようと体勢に入ったところをヒットが踏ん張り
逆にスパインバスターで叩きつけられる。
ここからヒットの猛攻が始まりロシアンレッグスイープ、サイドエフェクトと立て続けにはいる。
コーナーに登ったヒットがムーンサルトプレスを敢行。
しかし椛が間一髪でこれをかわし大往生をきめて3カウントを奪う。
四方の客席に礼をしてリングを降りる椛にまたも声援が集まる。

4th mutch
澪 VS FAM VS モーリー・ホーンウォルト VS シュリ
試合形式は最初にフォールかタップを奪った者が勝者の4WAYマッチ。
次回PPVで王座挑戦が決まっている為か気迫十分の澪。
その澪に前回PPVで王者ファニーと熱戦を繰り広げたモーリーが絡んでいく。
そこにFAMとシュリも混ざり試合は大混戦に。
モーリーがFAMにアッパーエルボーをいれるとシュリが飛びついてクローズライン。
FAMは場外に落下。ここで久しぶりに澪とシュリがツープラトンでモーリーを撃沈。会場は大声援。
しかし即座に澪がシュリにコードブレーカーをきめると一転して大ブーイング。
かまわずフォールにはいるも場外からFAMが澪の足を引っ張りカウントを阻止。
リング上ではモーリーとシュリ、場外でFAMと澪が大乱闘。
しかしFAMが澪をセキュリティウォールへ投げ飛ばすと今度は椅子をリング上へ持ち出す。
FAMが椅子を振りかぶった瞬間、モーリーが椅子ごとFAMを蹴り飛ばす。
その背後からシュリがモーリーへジャーマンスープレックス。カウントは2。
立ち上がったシュリへFAMが電光石火のデビル・カミング。
更にモーリーがFAMを抱え上げセントエリアス・ドライバー。
カバーに入りレフェリーがカウントを数えた瞬間に澪が場外から走りこんでモーリーの頭にO・I・M。
完全に意識を失ったモーリーに更にポストからM・I・Oをきめカバーしカウント3を奪う。
リング上でベルト奪取をアピールする澪。
館内はファニーコールで包まれる。

(LBA控え室)
ピア:(ブタの「しょーん」に餌をやりつつ、ティータイム)

ふぅ。

やっぱり紅茶は美味しいね。

マジで。


控え室、広くなった気もするけど元々こんなもんだし。

今は「しょーん」が居るし。

ちゃんと賠償金も入ってくるしね。

マジで。


さてと。

今日もグリーンボーイの試合でも見てこようかな。

「しょーん」と一緒に。

多分、本物よりレスリング分かるはずだって。

マジで。

main
REO、ブレイド VS 荒瀬裕也、ショーン・ビュゼット
4者4様の入場シーン。前王者REOには一段高い声援が送られる。
ブレイドとショーンが先発。
巧みなロープワークでショーンをかき回すブレイド。
ショーンをロープにもたらせ619をきめようとロープへ走ると荒瀬が背後からキック。これには場内ブーイング。
そこへショーンのスピアーがはいりブレイドが捕まってしまう。
タッチを繰り返しながらブレイドを痛めつける2人。
DDT、バックドロップ、ベリートゥベリーと立て続けにきめるも全てカウント2で返すブレイド。
逆上したショーンがスピアーを繰り出すとこれを上手くかわし逆にコーナーへ激突させる。
ここで両者がタッチ。飛び出したREOが2人をなぎ倒すと会場は大熱狂。
荒瀬にスパインバスターをきめ襲いかかってきたショーンへカウンターのSTO。
そして必殺のLIBERATIONを荒瀬にきめる。
と、そこへなんとパニックキッドがリングに乱入。
REOの顎にスーパーキックをブチ込む。
更に起き上った荒瀬にSweeterを炸裂させるとコーナーからダイブしてきたブレイドにもカウンターのスーパーキック。
パニックキッドがリングを占有してしたところへゼノンが猛ダッシュで現れるとキッドに殴りかかる。
更に控室から若手からベテランまで次回スーパーランブルマッチの出場者がリングに現れ大乱闘を始める。
posted by KJ at 20:27| Comment(0) | TrackBack(1) | Latest | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月06日

ファンサービスイベントに REO欠席、他一つのニュース

・ファンサービスイベントにREO欠席

この度、楽しみにしていたファンには残念なニュースがXIMIXから発表されました。
次PPV前のファンサービスイベントにREOは欠席をするということです。
これは今回、ヒールに徹したいという彼からの希望をXIMXが受けてとられた措置だそうです。
現在のところ、REO以外の欠席者はリリースされていないようで、REOからの要望ということで異例の決定の模様です。


・XIMIXショップに異例の問い合わせ

XIMIXのグッツショップサイトに抗争で登場したセクシー・トミー選手の勝負パンツを販売してくれとの問い合わせがいくつかあったそうです。
問い合わせは、男性だけでなく、女性からも数件ほどあった模様でXIMIXは驚きの声を上げています。
XIMIX側はセクシー・トミー選手にパンツをプロデュースさせる事を考えている一方、放送倫理委員会や州管理局の目を気にしている面もあり、実現は五分五分と見られています。
後日開かれる委員会との会合で、放送やグッズの許可ラインをどこまであげられるか、注目が集まっています。
posted by KJ at 16:29| Comment(0) | TrackBack(0) | Latest | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。